レビュー

『Xiaomi Redmi Note 9S』のおすすめケース、ガラスフィルムの紹介

『Xiaomi Redmi Note 9S』のおすすめケース、ガラスフィルムの紹介_ic

9月初旬に『Xiaomi Redmi Note 9S』を購入しました。
スマホレビューはこちら↓
大きい?重い?『Xiaomi Redmi Note 9S』の使用感レビュー

一言で言うと、とんでもなくコスパの高い商品です。

さて、今回はスマホ購入後に必要になるRedmi Note 9S用のケース、ガラスフィルムについて書きます。

good3
good3
本体にも同梱されてるけど、
やっぱりちゃんとしたやつを買うべき!

この記事は私が実際に購入して使用した商品のレビューです。

Redmi Note 9S用の付属ケース、フィルム

redmi note 9s 中身Redmi Note 9S本体にはなんとケースが同梱されています。

ただし、このケースそれなりのクオリティなのですが、欠点が2点あります。

  1. カメラ部分の保護ができない
  2. 充電用USBポート部分に蓋がある

①について実際の写真は下の通りです。
左:ケースなし、右:付属ケース装着時
redmi note 9s 中身 redmi note 9sケースあり

もともとRedmi Note 9Sは特徴的な形をしており、カメラが左の写真のように出っ張っています。

付属ケースはカメラの周りを覆うように立ち上がった構造をしていますが、まだ出っ張っており不安は残ります。

redmi note 9sケース1

②について、充電の際にはUSBポートを覆っている蓋を開けて充電ケーブルを差し込む必要あり。

フィルムは最初からディスプレイに貼り付けられています。

気泡も入っておらず、このままでも使用可能と思いますが、万が一スマホを落とした際にはディスプレイが割れる可能性があります。

spigen製 Redmi Note 9S用ケース

付属ケースの問題を解決してくれるケースとしておすすめなのがこちら↓

 

保護性能・耐衝撃に優れたスマートフォンケースのメーカーで有名なspigen(シュピゲン)のRedmi Note 9S用ケースです。

spigenケース3

届いた商品を開けてみました。

spigenケース4 spigenケース6spigenケース5 

中身は取り付け方などの説明が記された紙1枚とケースのみです。

ケース内側の黄色の部分は耐衝撃性に優れる素材で、見た目は分かりませんが三重構造になっています。

付属ケース重量spigenケース重量

保護性を高めているだけあって重量は54gと重めです。ちなみに付属ケースは20g。

本体+spigenケースの重さ

多少誤差はあるかもしれませんが、spigenケース装着時は266gです。

カメラ部分の保護

spigenケース1

このようにフチが高く設計されており、カメラの出っ張りもなく保護性抜群です。

充電用USBポート部分

spigenケース2

あらかじめUSBポート部分もくり抜かれているため、充電ケーブルを差し込む際もストレスなく充電が可能です。

スタンド機能付き

スタンド正面 スタンド側面

ケース自体にキックスタンドが付いており、動画を見る際も自立可能です。

A-VIDET Redmi Note 9S用のガラスフィルム

ディスプレイ、カメラ保護用のガラスフィルムはこちら↓

購入後にspigenのガラスフィルムの存在に気付いたのですが、こちらの商品の方が安価かつ満足のいく商品だったので後悔はありません。

購入の決め手は評価の高さ、価格の安さ、カメラ用フィルムが2枚入りだった点です。

フィルムパッケージ

届いた商品を開けてみました。

フィルム中身

中身はディスプレイ用フィルム1枚とカメラ用フィルム2枚、さらに貼り付け時に使用するクリーニングセットです。

クリーニングセット中身
クリーニングセットの中身
  • アルコールシート
  • ホコリ取りシール、補助シール
  • クリーニングクロス
    ※全て3セットずつ

フィルム貼付説明書フィルム貼付説明書2

一応説明書も同封されていますが、分かりづらいので作業工程を簡単にまとめました。

重要なのは②の工程です。
十分すぎるほどホコリが残っていないか確認してください。

また、作業場所も重要なのでホコリができるだけ舞いにくい場所で実施ください。

おすすめ作業場所:浴室

浴室で一度シャワーで壁に水をかけ、換気扇を切れば、ほとんどホコリが浮遊しない環境を作ることができます。

Redmi Note 9S用ケース、ガラスフィルムのまとめ

Amazonで購入した際は故障時の保証はありません。また、他の格安SIMで購入したとしても保証はオプション扱いで有料です。

月500円で保証サービスを提供している会社もありますが、2年で12,000円もの額になります。

それなら最初に3,000円程度の投資で、破損のリスクを抑える方が賢いと思いませんか。

特にディスプレイが割れると修理にかなりの額がかかります。

ガラスフィルムは必須

ぜひRedmi Note 9Sのアクセサリーは下記商品を購入してみてください。

ABOUT ME
good 3
岡山のサラリーマン。現在31歳、妻と子2人(0才、2才半)の4人暮らし。新居を購入しローン地獄突入。小遣い制になってからいろいろともがき中。 節約、株・投資信託、クレジットカード・マイル・ポイント、副業などについて情報発信。