ポイント、マイル

岡山から東京への旅費節約術 ~ANAマイル~

岡山から東京への旅費節約術 ~ANAマイル~

私は今岡山に住んでいますが、仕事で東京、大阪、福岡、名古屋への出張があります。

私の場合、出張費は新幹線の指定席料金、ホテルは一定額支給されるため、交通費、宿泊費を安く抑えることでその分プラスの収入となります。

もちろんプライベートの旅行の場合も交通費を抑えて、美味しいものを食べたりしたいですよね!

今回は岡山から東京へ移動するための手段として、新幹線と飛行機の両方についてどのように使い分けすべきかを書いています。

岡山から東京への移動手段 新幹線と飛行機

張の中でも東京出張は毎月1回くらいあります。岡山⇔東京の場合、移動手段として新幹線か飛行機に分かれます。

もちろん安さだけなら高速バスという手もありますが、社会人にとっての品格を問われますし、そもそよしんどいので高速バスについては書きません。

飛行機の方がもちろん早いですが、自宅から岡山空港まで、羽田空港から目的地までを考えると、岡山駅から新幹線で東京駅まで行くのと大差ないこともあります。

時間の比較

どうですか?
20分程度しか変わらなければ、料金で選ぶことになるのではないでしょうか。岡山駅からなら新幹線は日中だと10分おきくらいなので便利です。

また、まとまった時間を取れるので、読書やPC作業なども飛行機に比べてやりやすいと思います。私は新幹線での移動時間で、ブログの記事をよく書いています。

料金の比較

以下、新幹線と飛行機の条件毎の料金です(2019年10月29日時点)。私はANAマイラーのため、飛行機はANAの料金です。

ご覧の通り、21日前からの予約でようやく飛行機の方が安くなります。

厳密に言うと、飛行機の場合は羽田空港からの費用もかかりますが(羽田空港→東京駅は460円)。

旅行の場合は可能かもしれませんが、出張の場合はなかなか21日前に決まることはないのではないしょうか。私の場合早くても2週間前くらいで大体1週間前くらいに決まることが多いです。

ですので新幹線のEX早得、往復割引を使ってます。以下それぞれの特長です。

EX予約
指定席の場合でも、乗車前なら便の変更が何回でも無料で可能。
早得で予約したものを前日に時間変更した場合は早得料金と通常予約の差額は払う必要あり。変更自体に料金はかからない。
以下、JRのEX早得に関する説明文

・乗車日の3日前までの予約で「のぞみ」普通車指定席・グリーン車がおトク! 例えば、「のぞみ」普通車指定席は、平日の東京~岡山なら14,670円、東京~広島なら16,190円。土休日はさらにおトクに!こども用の設定もあります。
・席数限定の商品です(設定除外日あり)。
・予約後に予定が変わっても、他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)。

往復割引
当日予約でも適用可(距離の規定あり)。
特急券さえ分けて購入すれば、途中の新大阪や名古屋で下車することも可能。

往復乗車券をご利用になる場合に、片道の営業キロが601キロメートル以上あれば、「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。
【例】東京から岡山間を往復する場合の運賃

東京から岡山間は片道601キロメートル以上ありますから往復割引の対象となります。「ゆき」、「かえり」とも732.9キロメートルで、切り上げて733キロメートルとします。これを721から760キロメートルの欄にあてはめると運賃は10,670円で、1割引すると9,603円。は数は切り捨てて9,600円になります。9,600円+9,600円=19,200円が往復割引運賃です。

それぞれ以下のように使い分けしています。

  • 予定変更の可能性がある時、時間が読めない時 → EX早得
  • 直前での予約や途中下車する時 → 往復割引

実際どの程度お金が節約できるのか(=小遣いが増えるのか)計算してみました。

私の場合ですが、私の会社の交通費はのぞみ指定席料金が支払われます。
支給額36,380円に対し、
往復割引31,060円(差額 5,320円)
EX早得29,340円(差額 7,040円)
です。
よって、5,000〜7,000円ふところに入ります。毎回の出張でこれだけプラスになれば、けっこう大きいですよ。

今回はこれだけではありません。これまで書いた内容だと飛行機は微妙と思われるかもしれませんが、宿泊を伴う出張の場合、飛行機を強くおすすめします!

揚げ足トリ
揚げ足トリ
さっき新幹線一択って言ってたよね
good3
good3
泊りなら話は別なんです

ANA旅作での飛行機予約

7日前予約という条件はありますが、往復の飛行機代と宿泊代が込みのツアーをANAが提供しています。
その名も『ANA旅作』

例えば、東京で一泊する出張の場合ですが、7日前の予約で以下料金となります。

予約内容
岡山空港→羽田空港
ホテル1泊
羽田空港→岡山空港
料金 30,400円

宿泊費込みですよ!!
先ほどの新幹線往復料金とほとんど変わらないんです。これホントにおすすめです。

ホテルはANAのラインナップから自由に選べます。ホテルが悪いんじゃないの、と思われるかもしれませんが、この時はAPAホテルに宿泊してます。以下スクショです。

ANA旅作はインターネット限定商品で、ANAの公式サイトから予約可能です。スマホでの予約方法をスクリーンショットで詳しく説明しています。
興味がある方はご覧ください。 → 【ANA旅作予約方法】(現在執筆中)

ANAの会員にならなくても予約可能ですが、マイルはとてもお得なのでぜひ会員登録してみてください。今後マイルに関する記事もたくさん書いていく予定です。

ちなみに旅費の30,400円ですが、支払いは全てANA SKYコイン(30,400ANA SKYコイン)で支払いしました。

ANA SKYコインはANAマイルから返還可能なポイントで、Tポイントや楽天ポイントみたいなものです。

クレジットカードにもよりますが、100円で1マイル以上は貯めることができ、1マイルは1.6ANA SKYコインに変換可能です。

世の中にはいろんなポイントがありますが、大体100円で1ポイントが相場です。しかし、マイルは使い方によっては1マイルが3円にも5円にもなり得ます。

マイルは、マイルが貯まるクレジットカードを使えば貯まりますが、ポイントサイトで貯めるのをおすすめします。
もっと知りたい方 → 【ハピタスの交換先はANAマイル一択な理由】(執筆中)

岡山から東京への旅費まとめ

  • 日帰りなら新幹線(EX早得、往復割引)
  • 宿泊ありならANA旅作
    ANAマイルを貯めることで、更なる節約が可能!!

今回、岡山⇔東京間を例に上げて説明しました。皆さんの住んでいる場所によって、新幹線と飛行機のどちらを選ぶかは変わってきますが、割引制度を把握しておくことが非常に大切です。

上手く活用することで節約でき、結果小遣いUPとなります。

ABOUT ME
good 3
岡山のサラリーマン。現在31歳、妻と子2人(0才、2才半)の4人暮らし。新居を購入しローン地獄突入。小遣い制になってからいろいろともがき中。 節約、株・投資信託、クレジットカード・マイル・ポイント、副業などについて情報発信。