節約

年間5万円節約 格安スマホ(ワイモバイル、マイネオ)への乗り換え

年間5万円節約 格安スマホへの切り替え

皆さん携帯電話はどこで購入していますか?
毎月どれくらいの料金を支払っていますか?

初めに結論を言います!

good3
good3
格安スマホへの切替で年間5万円の節約できます 

これかなり大きくないですか?

携帯電話の支払は毎月発生する固定費です。

給料や小遣いはなかなか増えないと思いますが、支出を抑えることができれば、結果として手元に残るお金を増やすことができます。

以下の内容について書いていますので、ぜひ読んでみてください。

格安スマホの仕組み

格安スマホを取り扱う会社はMVNOと呼ばれ、docomoなどの携帯電話会社から通信回線を借りて、サービスを提供しています。下記イメージです。

3大キャリア(docomo, softbank, au)の場合、自社で回線を保有しているため、初期投資費や維持費がかかります。

この後紹介しますが、マイネオならdocomo, softbank, auの回線を選択できます。

3大キャリアにとっても、1件1件ユーザーを獲得するよりも、MVNOへ販売を任せて、まとめて10,000件のレンタル費用を取るほうが効率的なのでwin-winな仕組みになっています。

格安スマホのメリット、デメリット

冒頭で料金が安くなるとお伝えしましたが、もちろんメリットばかりではありません。
ただし、トータルで考えるとメリットの方がはるかに大きいです。

以前はサイトへの登録がPCアドレスではなくキャリアメールでないとできないことがありましたが、今はほとんどないです。

むしろgmailの方がメジャーですし、パソコンでもスマホでも両方使えるので機能性も優れています。通信速度のデメリットが我慢できない方にもおすすめの格安スマホがありますので、最後まで読んでみてください。

格安スマホ4社(ワイモバイル、マイネオ、au)の比較

次に格安スマホといっても、いろんな会社があるので、サービスや特長、料金について書きます。比較表はメインスマホを想定し、以下の条件で比較しています。

  • データ容量:6~9GB
  • 音声通話付きで電話かけ放題のサービスあり
  • 端末自体の料金は考慮しない

格安スマホとしてワイモバイル、マイネオを、キャリア代表としてauを比較しました。全て実際に使用した上での評価です。
各項目毎に点数付けし、総合的に比較しています。料金と電話の項目を重視しているため、その項目は配点を高く評価しています。

比較表

スマホでの閲覧の場合、右にスクロールしてください。

ワイモバイル マイネオ 楽天モバイル au
通話音質 4 3 3 5
無料通話時間 4
10分まで
3
10分まで
3
10分まで
5
制限なし
電話専用
アプリ *1
3
なし
1
あり
1
あり

なし
通信速度 4 3 3 5
回線 1
Softbank
3
docomo
au
Softbank
2
docomo
Softbank
1
au
基本 8
9GB 3,680円
10
6GB 2,190円
7
6GB 3,980円
2
7GB 5,480円
電話かけ放題 5
基本料金に含む
4
別途 850円
5
基本料金に含む
2
別途 1,700円
実店舗数 5 4
200件程度
4
500件程度
5
トータル 34 31 28 28
その他 ・半年割
・ネットセット割
・完全かけ放題プラン
 (+1,000円)
・Yahooプレミアム加入可
・paypayの還元率優遇
・SIMフリー端末可 ・楽天会員割
・楽天ポイント加算
・楽天ポイント支払可
・家族割
・ネットセット割

*1 通話無料サービスがアプリからの発信でないと適用されない。

格安スマホを実際に使用した感想

これまでの乗り換え歴
au → ワイモバイル → マイネオ(現在)

まずは社会人になり、しばらくは学生の時から使用していたauをつかっていました。

その後、職場の異動で営業職となり、社用携帯が支給されなかったためワイモバイルへと切り替えました。変更理由はたまたま家電量販店で店員に声をかけられたことでした。

ワイモバイルを2年間使用し、3年目からは料金が上がる契約となっていたため、さらに安価なマイネオへと変更しました。しかし、マイネオを使用して分かったことがあります。

good3
good3
専用アプリでの電話がかなりめんどくさい

例えば、電話帳に未登録のお店に電話する際、ネットで検索し電話番号を押せば自動で電話アプリが開いて電話可能と思いますが、マイネオの場合、専用アプリが開かれず、通常の電話アプリが開かれてしまいます。

よって、せっかく通話無料サービスに入っていたとしても専用アプリを使用しないと適用されないため、いちいち電話番号をコピーして、専用アプリ内に貼り付けし、電話しなくてはなりません。

この手間を考えると、700円程度しか変わらないので、私は通信も早く通話音質も良いワイモバイルの方をおすすめしています。

さらに、先ほど格安スマホは通信速度が遅いとお伝えしました。確かにマイネオは昼間と夜間のスピードが遅いです。
しかし、ワイモバイルはSoftbank回線を使っており、キャリアスマホ並の通信速度です。

格安スマホの申し込み方法

ワイモバイル

ワイモバイルの場合は店舗で全てサポートしてもらえます。
店舗数も充実しているため、機械やネットに詳しくない方はその理由だけでワイモバイルに決めていもらってもいいくらいです。

マイネオ

マイネオの申し込み方法は少し複雑です。大きく分けると自分でWebでやるか、店舗でやるか、の2パターンです。

Web申し込み

自分で初期設定する際は、注意点があります。
・Wi-Fi環境下でしか設定不可
購入したばかりの端末は初期設定を終えるまでネットにはつながりません。
・連絡帳やLINE IDの引き継ぎ設定を事前にしておくこと

  1. SIMカードの購入
    このページからデュアルタイプを新規契約すると、1,000円分の電子マネーギフトがもらえます。
    紹介ページ
  2. 端末の購入
    端末はmineoからも購入できますが選択肢が少ないので、Amazonなどで購入する方がおすすめです。
    対応しているかどうか、『mineoの動作確認済み端末検索』を確認ください。
  3. 初期設定
    端末を起動し、SIMカードを差し込む。いろいろ設定が必要ですが、mineoのホームページに『初期設定からご利用開始までの流れ』が記載ありますのでこちらを確認ください。

店舗申し込み

上記申し込み方法がよく分からない、めんどくさいという方はワイモバイルと同じく店舗でも可能です。

ただし、マイネオはまだまだ店舗数が少なく、お近くに店舗がないということもあり得ます。また、無料ではなく1,000円程度かかります。

ワイモバイルとマイネオで迷ったら

  • キャリアスマホを使用中なら格安スマホへの切り替えで年間5万円節約可能
    キャリアスマホ(電話かけ放題サービスあり) 月7,000円程度
    マイネオ(10分電話かけ放題) 月3,000円
    差額月4,000円 ⇒ 年間48,000円
  • とにかく費用を抑えたい人 → マイネオ
    費用は押さえたいが格安スマホにも抵抗がある人 → ワイモバイル

ABOUT ME
good 3
岡山の薄給サラリーマン。現在32歳、妻と子2人(0歳、2歳)の4人暮らし。新居を購入しローン地獄突入。小遣い制になってから、いろいろともがき中。主に商品レビューについて発信。